冬の精力増強食材、牡蠣、ニラ、山芋で下半身を温めよう

0
No1ranking

精がつく食材の代表格といえば、誰もがご存知、うなぎでしょう。精力増強にはうなぎという印象はすでに一般化していますよね。

しかし、うなぎの旬は夏です。寒くなると流通量も減り、高価にもなります。

となると、冬は何を食べれば男の活力を得られるのか。

「簡単に薬には頼りたくない」という健康志向の人のために、冬の精力増強食材をいくつか見ていきましょう。

牡蠣、ニラなどは鍋で食べるのもよし

牡蠣、ニラなどは鍋で食べるのもよし

海の幸「牡蠣」は冬が旬! 夜の力を増強できる

市場に出回る精力剤のほとんどに必ず使われていると言ってもいい定番の食材、牡蠣。

その旬は、冬です(真牡蠣)。牡蠣は海のミルクとも言われる、滋養に溢れる食材です。

なぜそうまで牡蠣が精力剤に重用されているのか――その秘密は、圧倒的な「亜鉛」の含有量にあります。

亜鉛は「セックスミネラル」とも称されるほど、男性の性欲を増強させる成分です。

単純に、「精子を作る」という働きがあります。その量が増えれば、自然と男性はムラムラとして、「したい」という気持ちになります。

ただし、周知の通り牡蠣は食あたりを引き起こしやすい食材でもあります。

体質的にちょっと、という方は、サプリメント(精力剤)で亜鉛を摂るのがベストでしょう。

上手にサプリを利用しよう

上手にサプリを利用しよう

野菜類ではニラ、山芋がGOOD!

できるだけ野菜を多く食べて精をつけたいという男性には、冬にはニラと山芋をおすすめします。

ニラにはカリウムやビタミンC、リン、鉄分などの栄養素が凝縮されており、身体も温まると言われます。

山芋は、あのネバネバとした見た目の通りからも、効き目抜群という感じがしますね。

実際、この食材に含まれるコリンという物質は、血管を拡張させ、血の流れを良くする効果があります。

血行の悪化は勃起不全の大原因と言われているので、血液の循環をスムーズにする山芋は、EDに効く食材という言い方もできるでしょう。

いずれも、寒さが厳しくなってくる11月から旬を迎える食材です。おいしく食べて精をつけられるというのも、いいところですね。

その他、よく言われるように「根菜類」は鉄板です。冬が旬の根菜は、たとえばニンジンであり、サツマイモであり…その他、大根、ごぼうなどもあります。

いずれも温厚効果が高く、とりわけ「しょうが」が身体を温める作用も大きいことは、古来伝わる通りです。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

食材よりもサプリからの摂取の方が効率的?

いわゆる「食事療法」で、穏やかに健康維持、精力回復をしたい人にとっては余計なお世話かもしれませんが、これは、漢方を飲み続けるよりも、ずーっと悠長な治療法です。

たとえば前述の牡蠣やニラ、山芋なども、その調理法によって栄養素が壊れてしまうということがあります。ただ「健康に良いと思って食べているだけ」という状態となることもあるのです。

実際、そのような「自己暗示」は効果的とも言われますが、毎日の食事で精がついたと思い込んでベッドに挑んで、実際、勃起しなかったときの「裏切られた感」は許しがたいものがあるでしょう。

体内への吸収率から言っても、栄養素の含有量から言っても、食事からの摂取よりはサプリを使う方がはるかに合理的です。亜鉛も、その他各種ミネラルのサプリも、今はコンビニでも幅広く品揃えされており、日常的に手に取ってその効果を試すことは可能です。

しかし、一挙に「精力回復」や「軽度ED克服」などの効果を得たいなら、細々としたサプリを揃える手間も煩わしいので、精力剤を利用すべきではないでしょうか。

その他のサプリでは取りづらい、アルギニンやシトルリンといった、成長ホルモンの分泌に関わる成分を摂取できるのも、精力剤の大きな魅力です。

「疲労回復」や、「筋力アップ」といったオマケ的効果までついてくるのだから、多忙に追われるビジネスマンにも嬉しいところ!

食事からの栄養摂取は「心がけ」程度に留めて、好きなものを食べた方が気持ちもラクですね。本当に大事な健康成分は、精力サプリで体内に取り入れ、健康維持に努めましょう。

アルギニンなどが含まれたサプリなら生活全体に必要な体力を与えてくれるはずです。

大切なイベントをギンギンで乗り切るために、サプリを有効活用する事をおすすめします。

◎クラチャイダムとアルギニンを多く含むサプリ

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ