正月太りで非モテ化&ED 一年の始まりからつまづかないための方法

0
No1ranking

正月は何かと食べてしまいます。おせち、お餅、お雑煮――お酒を飲む機会も増える時期です。

会社が始まったら、ベルトが留まらない、ということもあるのでは?

「肥満」は美醜とも大きくかかわる要素ですが、当然、医学的な目から見てもあまり良いことではありません。あらゆる生活習慣病を招くリスクがあり、EDも肥満由来で起きる可能性があるのです。

正月太りはEDの原因

正月太りはEDの原因

正月太りによるEDで、姫始めに失敗ということがあれば、幸先の悪い一年となります。おみくじで大吉を引いても、ベッドでは「凶」なんて、それでは先が思いやられますね。

正月太りがEDを招く2つの理由

太り気味の人は、EDになりやすいとよく言われます。

その理由ですが、「勃起」のメカニズムについて考えてみると理解しやすくなります。

我々の脳は、性的な刺激を受けると、その興奮を神経を通して下半身まで伝達させます。

それに反応して、血液が、ペニスの中の「海綿体」という、いわばスポンジのような部位に向けて注ぎ込みます。多量の血を吸って、スポンジは膨れ、外見的にも大きくなります。

すなわちそれが、「勃起」なのです。ちなみに、何気いようなタイミングで勃つこともあるので、そこは「男の神秘」ということで――おっと失礼、話を戻しましょう。

ペニスの膨張に求められるのは、血液です。その巡りが悪いと、当然性器が反応しにくいという状況が出てきます。

多くの場合、肥満体質の方は、血液の状態が良くなく、そのために勃起不全という症状に陥りやすいのです。

また、それだけではなくもう1つ理由があります。肥満体質の人は、多くの場合、自分の外見に対して「自信」を持っていません。

「俺なんて太っているから」とはじめからモテを諦めている人もいるでしょう。そのような人が突発的にセックスの機会に恵まれたときには、「なぜ?」「俺が?」「大丈夫か?」という猜疑心も入り混じった不安に襲われます。

そして緊張のために興奮伝達神経の働きが鈍り、EDという事態が立ち現われてくるのです。

「食べ過ぎない、飲みすぎない」本当に実践できる?

肥満を防ぐ方法は、1つです。「食べ過ぎない、飲みすぎない」、それだけです。

適度な運動が望ましいとも言われますが、特にスリムな体型を維持したいという意思を持っていない限り、少なくとも「肥満を避ける」という意味ではそこまで重要ではありません。

しかし、「食べ過ぎない、飲みすぎない」が難しいのが、正月というものです。

世間全体が「まあゆっくりやろうよ、正月だしばーっと飲もうよ」という雰囲気のときに、ストイックな摂生の意識を保つのは簡単ではありません。

そして多くの人が「規則正しい生活」ができないからこそ、ブクブクと太り、いろいろな「ダイエット」方法が氾濫することになるのです。

大切なのは「血流改善」

では、現実的に肥満を避ける術は何か?

摂生し我慢する事だけでなく、体内の物質の循環の悪化を防ぐ事にあります。

脂肪分の摂り過ぎなどで血液がドロドロになると、体内を巡る血液の働きが悪くなります。

そして水分代謝、脂肪の燃焼、老廃物の排出、などなどに影響がでますが、それらは「血流改善」をすることで同時に解決もできるのです。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

具体的には運動とサプリ

血流を良くするためには、適度な運動、そしてサプリメントで有効成分を補うのが1番です。

運動はしたくない、という人も最低限の運動は必要不可欠です。まずは食事に気をつけ、最低限の運動をしないと、いくらサプリを飲んでも効果は出にくいでしょう。

そしてサプリは、「アルギニン」というアミノ酸の一種が含まれてるものをチョイスします。

身体の中に入ると、一酸化窒素を発生させ、血管を拡張するのがアルギニンの役割。

広い道路の方が車も人も通りやすいように、拡張された血管では、血もスイスイと巡って体内物質の循環が良くなります。

アルギニンが含まれたサプリメントは、世間的には「精力剤」と言われることも多いですね。

肥満予防、ED改善という二つの意味で、精力剤には大きな効果があるわけです。

正月太りを避けるためにも、相性のいい精力剤を探して、三が日を乗り切りましょう。

◎アルギニンを多く含むサプリ

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ