夏といえばスイカ スイカといえば 精力増強「シトルリン」

0
No1ranking

アルギニンと並んで精力剤の鉄板成分として名高い「シトルリン」。そもそも、この成分が発見されたのは、夏の風物詩である「スイカ」からなんです。

スイカの「シトラス」由来で、「シトルリン」。

よく、精力をつけたいならスイカは皮の部分まで食べろとも言われますが、それもスイカの皮にシトルリンがたっぷりと含まれているからなんですね。

夏といえばスイカ スイカといえば 精力増強「シトルリン」

夏といえばスイカ スイカといえば 精力増強「シトルリン」

「シトルリン」の効果とは

体内に入ったシトルリンは、アルギニンに変わり、そして一酸化窒素を生みます。つまり、シトルリンとアルギニンの効果には似通った部分もあります。

大きなテーマは「血流改善」というところも同じです。血管を拡張させ、体内を巡る血液の循環をスムーズにします。それが肥満改善、むくみ、あらゆる不定愁訴、そしてED解消へと繋がるのです。

また、この血流改善は結果的に、ペニス勃起を促し、力強い勃起はペニス海綿体細胞の活性化や拡張につながる事で、最終的に「増大」に結びつくと考えられます。

日本では主に精力回復のサプリメントに使われる成分ですが、海外では古くから、アスリートがパフォーマンスを上げるために積極的に摂取していた「スーパーアミノ酸」でもあります。

何も下半身の強さを向上させるだけでなく、体力を増強したり、運動時の身体のキレを良くするために欠かせない成分なのです。

その他、疲労成分・乳酸の分解、毒素・アンモニアの排出にもシトルリンが役立ちます。

ちなみにシトルリンは、女性が摂取しても有意義です。というのも、血流改善により「冷え症」も解消されるから。興味がある方はサプリで取り入れてみてはいかがでしょうか?

スイカに含有されるシトルリンの量

実は「シトルリン」という名称自体、スイカの学名「Citrullus vulgaris」から取られたものです。

さすがに名前の由来がそのものである通りに、スイカには他の成分と比べても豊富な、実に180mg(100gあたり)ものシトルリンが含まれています。

ただ惜しむらくは、スイカは夏の果物(分類上は野菜とも言われますが)であるということで通年食べられる食材ではありません。

また、気分的にもがっつり毎日食べたくなるものでもないでしょ。涼む際に一切れ、または夏の海辺での一時的なエネルギーチャージや喉を潤す際に、といった感じですよね。

スイカ以外にもウリ科にはシトルリンがたくさん!

シトルリンはキュウリやメロン、ヘチマやゴーヤといったウリ科の食材には一般的に大量に含まれています。

ただしこれも、残念ながらすべて、毎日食卓に上げることができるものとは言い難いですね。

たまたまメニューとして出てきたら、「これでちょっと元気が出るかも」という感覚で食べるのはいいですが、そもそもそれらの食材から日常的に摂取できる量のシトルリンでは、気休め程度の健康維持にはなっても精力回復などの効果が出るほど大量に摂取することはないでしょう。

「厳しい暑さを乗り切る体力が欲しい!」
「ベッドで恥をかかないための勃起力をつけたい」

そんな男性は、次々とスイカを頬張っても非効率なだけなので、手っ取り早くサプリを使いましょう。

シトルリンはサプリで摂取が効率的

シトルリンはサプリで摂取が効率的

精力増強、下半身増大にはサプリメントでの摂取を

以前と比べて、明らかに体力が増して、下半身も強くなった――そういうレベルでシトルリンの効果を実感したいなら、精力剤を使うのがベストです。

あるいは、サイズの悩みも同時に解決したいなら、増大サプリにもシトルリンがたっぷりと含まれているので、そちらをチョイスしてもいいでしょう。

スイカを丸かぶりしても精力増強には到底足りない量のシトルリンが、専門のサプリメントなら1錠や2錠で軽く摂取できるのだから、こちらの方がよほど現実的です。

また上でも触れたように、スイカに限らず、ウリ科の食材は毎日の食卓に上げるのが簡単ではないので、その点を考えてもやはりサプリが便利。

水で流し込むだけで、身体にシトルリンエネルギーがチャージされるんですから。

最後に「副作用」について触れておくと、シトルリンには基本的に異常な量の過剰摂取を行わない限り危険はありません。
ただ、血管を拡張する効果があるため、降圧剤を利用している人、心臓に病気がある人は、使用前に医師の判断を仰ぐ必要があるでしょう。

☆まとめ
スイカは確かに精力増強に役立たないでもないですが、その含有量まで考えると、ただ一片や二片かじるだけでは下半身に漲る効果を感じることはできない、となります。

スイカを食べまくったからと言って精力増強、とは簡単にはいかないようです。

アルギニンについてもついでに学ぶ

8月の酷暑でもフル勃起!活力成分アルギニンでイケてる夏男に

8月の酷暑でもフル勃起!活力成分アルギニンでイケてる夏男に

日本の夏は、年々暑くなっています。若い頃はまだ耐えられたという方も、年を取るごとに夏バテが顕著になり、残暑には息も絶え絶えということが多いのではないでしょうか。

連日35度超えの酷暑をタフにサバイブするためには、効率的な栄養補給が必須。

といっても、「栄養バランスを考えた食事」「規則正しい生活」というのも、多忙な社会人にとっては難しいことです。

要を得た有効成分を身体に与え、今年こそは夏バテを防ぎましょう。

そのカギとなるのは――「アルギニン」に他なりません。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

「血流改善」だけじゃないアルギニンの効果

精力剤、滋養強壮剤に必ずといってもいいほど含まれている「アルギニン」は、血流改善の効果があると周知されています。

体内で一酸化炭素を作りだし、血液を拡張することで血の巡りを良くする、という代謝を通して血流改善を促すのが主な効果と言われています。

心筋梗塞や脳梗塞の予防にも大きな意味があり、また、海綿体に血液が集まりやすい状態を作るために、勃起力のアップにも繋がります。

しかし、アルギニンの効果はこれだけではなく、酷暑をパワフルに乗り切るための活力となる成長ホルモンの分泌にも影響するのです。

成長ホルモンの分泌を促す

アルギニンが体内に入ると、成長ホルモンの促進が促されます。成長ホルモンとはご存じの通り、筋肉の増強や怪我の回復に効果を発揮し、また、脂肪の代謝も上げるホルモンです。

同時に食欲も抑制するので、実はダイエット効果にも期待できます。

精力回復+痩身効果が狙えるまさに一石二鳥のアルギニン

精力回復+痩身効果が狙えるまさに一石二鳥のアルギニン

毒素を排出し、免疫力を高める

アルギニンには、身体に害を及ぼす「アンモニア」の排出を促すという働きも。さらに免疫細胞の「マクロファージ」も活性化させ、ウイルスへの抵抗力もアップさせます。

厳しい暑さの中、「ここで病気するわけには絶対にいかないぞ」というシーンでは、必須の成分とも言えるでしょう。

アンチエイジング効果

あまり男性は意識されることではないかもしれませんが、アルギニンには「アンチエイジング」の効果もアリ。

とりわけ肌を保湿させる役割は注目で、「乾燥肌」の予防にも有効。

――などなど、至れり尽くせりの健康維持効果がある、それがアルギニンなのです。

効率的な摂取にはサプリメントがベスト

アルギニンは数々の食材に含有されている成分ですが、健康維持に必要とされる量をすべて食事から摂取しようとするのはあまり現実的ではありません。

効率的に身体に取り入れようと思うなら、サプリメントを利用するのがベストです。

そのサプリメントも玉石混交ですが――ペニトリンは海外でも人気のアルギニン高含有サプリで、精力剤ナビでも一押しの商品です。

一日の分量で不足もなく、また過剰摂取にもならない絶妙な量のアルギニンを摂取することができます。

海外製とはいえ、日本でもすでに人気が出ている商品なので、心配することもありません。

怪しい商品はNO、という主義の人もご安心を。クラチャイダムとアルギニン、亜鉛という王道精力剤成分以外、怪しい成分や医薬品も入っていませんので副作用の心配も無用です。

アルギニン高含有サプリで活力を取り戻そう

アルギニン高含有サプリで活力を取り戻そう

精力剤というよりも「サプリ」として飲む

中には「精力剤」という商品自体にいかがわしいイメージを持ち、薬局などでの滋養強壮剤の使用も敬遠している方もいることでしょう。

しかし、あくまで「精力剤」というのは1つの俗称に過ぎません。商品の分類から言っても、ペニトリンは医薬品でも精力剤でもなく、ごく一般的な「サプリメント」です。

継続して飲み続けることで勃起力のアップも実現し、セックスでも恥をかくことがない勢力を与えてくれるのも確かなことです。

しかし、そのような下心はなく、ただ夏バテ防止のための補助食品として利用しても、ペニトリンは期待に応えてくれます。

事実、飲み始めてから「寝起きが楽になった」「頭がすっきりする」「身体のキレがいい」という、精力回復以外の健康維持効果を感じているユーザーもたくさん存在するといいます。

「下半身強化」はあくまで副次的なことと考え、ただ酷暑に負けない身体作りのためにペニトリンを使ってみる――そのような目的で入手してみてもいいのではないでしょうか。

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ