夏だ!海だ!でもEDだ…無残な夏にならないための下半身強化術

0
No1ranking

今年も暑い夏がやってきました。定番のナンパスポットといえば、やはり海以外ないでしょう。女子の露出度も高くなり、男子の期待と下心も膨らみます。

とりわけ若い女性は刹那的な恋愛を求めるシーズンなので、うまくやれば、誰でもワンナイトラブにありつけるでしょう。

一夏のアバンチュールを最良の思い出にしよう

一夏のアバンチュールを最良の思い出にしよう

しかし、いざホテルに連れ込んだ相手の前で、男としての役割を果たせなくてはすべては水泡と帰してしまいます。

海水のようにしょっぱい思い出にしないためにも、水着に着替える前には下半身との対話も。そして、砂浜ではしゃぎすぎてEDを招く暴飲暴食をしないように!

万全なメンテナンスで心の準備も整える

ベットでもバッチシ決めて楽しい夏に!

ベットでもバッチシ決めて楽しい夏に!

海でひっかけた女性とのベッドは、雰囲気次第では半ば確定されたようなものです。誰もが開放的になるシーズン――なんの期待もしない女性もいません。

ナンパをOKしてくれた女性も、一緒に海にやってきた「友達」も、夜の展開は予測していることでしょう。

相手がその準備をしているのに、男が「あれ? ちょっと待って?」ではいけません。その場で慌てても、できることは何もありません。

焦りはさらなる緊張を生み、さらに不能を悪化させます。海に行く前に、下半身の準備はしっかり整えておくべきなのです。すなわち実は夏の海セックスの勝敗は、水着に着替える前に決まっている、というわけで…。

用意周到な男性なら、精力剤を使って、いつでもその機会があったときには勃起できる状態に仕上げてくるものです。

とりわけ、一度でもそのような屈辱的な経験を味わったことのある40代、50代の男性は、自分なりの「お気に入り」も見つけ、精力剤を常飲している身体で海を訪れるでしょう。

万全なメンテナンスは、女性にアプローチする際の「心の余裕」も生みます。「俺は大丈夫だ」という自信は、どんな年代の女性も引き付けるのです。

残念ながら当日までの準備を怠っていたという方は、少なくとも次のような点には気を点けて、ことを始めてから「あれっ?」という思いをしないように、ED予防しましょう。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

EDを招く夏の海の誘惑~お酒は控えめに

大人の海には、お酒がつきものです。灼熱の太陽の下で、海と水着女性をおつまみに飲むビールは至極の味わい。

何杯でも進んでしまうことでしょう。しかし、まだ一度もEDを経験したことのない若者はご存知でもないかもしれませんが、お酒は如実に下半身の状態に影響してきます。

勃起の際に必要とされる体内の「葉酸」は、実は、お酒の分解にも優先的に使用されてしまうのです。飲みすぎると勃たなくなる、という現象には心理的な問題でなく、そういった合理的な理由があるわけです。

海での一幕のみならず、女性とのベッドが予測されるシーンでは、お酒の飲みすぎは禁物です。

また飲酒による肝臓への負担も勃起不全の原因の一つとなります。

肝臓は「肝心要」ともいい、ホルモン分泌を行ったり、腎臓と並んで体の毒素を分解する場所になります。

慢性的なアルコールの摂取は肝機能障害や慢性肝疾患の原因となり、毒素分解の妨げとなってしまいます。

肝機能障害は、男性ホルモン分泌を妨げ、その結果勃起不全を引き起こすとも言われているんです。

ですから、飲み過ぎでいまいち「ヤル気」にならないというのも、実は無視のできない状況なのです。

それでも、夏だし海だしパッとしたいし、または状況的にお酒を断れない場合はどうすればいいか――。

どこまで効果があるかわかりませんが、食べ物から勃起に必要な成分を摂取するというのもアリでしょう。

たとえば海の家で提供されているカキは海のミルクとも言われる食材で、亜鉛など、男性の元気に必要な成分をたっぷりと含んでいます。

または、即席で自信をつけつには栄養ドリンクを摂取するなども一手かもしれません。
最近ではレッドブルやモンスターエナジーなどアルギニンを多く含むエナジードリンクも豊富ですしね。

その他、お肉の中に含まれるビタミンB1はお酒の分解に有効なので、それも合わせて食べるようにすれば、なんとか間に合う…かも!?

栄養ドリンクは気休め程度にはなるかも。

栄養ドリンクは気休め程度にはなるかも。

夏の始めの重要性 失敗は禁物

パートナーとの海。あるいは、ナンパ目当ての海。どちらも夜への「期待度」が高い分、失敗してしまったときの衝撃は計り知れないものがあります。

それが夏の始まりということなら、暑さが盛りを過ぎるまでは回復できないほどの後悔に苛まれることでしょう。

一度失敗したからといって、男性として「不能」と断定されるわけではありません。まだまだ恥をすすぐチャンスはあります。

中にはいつもは大丈夫なのに緊張から、フニャッ…となることに悩んでいる方もいるでしょう。

そんな心因性によるEDでも、アルギニンやシトルリンを含む食品などは血管拡張作用は効果的です。

日頃からいざという時のために勃起力を補助する食品を摂取し、力強さを確保することで、ビビらない男になれるでしょう。

若い人も次なる失敗を防ぐために、精力剤や勢力回復に働きかける牡蠣やクラチャイダムやマカなどのアルギニンを多く含む食べ物を軸にした対策を考えてみてはいかがでしょうか? ミスしたまま夏を終えるわけにはいきません、よね!?

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ