憂鬱な春を乗り切るために 性欲は健康のバロメーター

0
No1ranking

「五月病」という症状もあるように、春は何かと気持ちが塞いでしまいがちな季節です。

春には実際、「自殺」も多い季節。連休明けになると、首都圏であれば、毎日のように人身事故のニュースが飛び込んでくるのも、もはや風物詩的な状況になりつつあります。

慌ただしい日々の中で、ふと自分の人生を見つめ直したときには、「俺は一体何やってるんだろう」という思いに駆られてしまいがちです。

3大欲求は健康のバロメーター。崩れないように注意しよう

3大欲求は健康のバロメーター。崩れないように注意しよう

「あまり考え込まないように」と言われても難しいでしょう。

ならば考え方を変えて、無意味でも何でもとにかく取り組んでみてはいかがでしょう?好きなものを食べたり、お酒を呑んだり、または映画を見る。

もちろんその中には、セックスも含まれるはずです。

「憂鬱だ」と思ったらH ヤル気は元気のバロメーター

人生というのは複雑に見えても、実はシンプルに考えればわかりやすくて、「自分が楽しいと思うこと」をしていれば、辛くても貧乏でも案外気楽にやっていけるものではないでしょうか。

実際、やりがいを感じる事を持っている人は、常にハツラツとしていますね。

その意味で「楽しいと思うこと」が見あたらなくなるのが一番危険。

例えばですが、「セックスしたい」という気持ちは誰でも持っている欲望の一つであり、ある種のやりがいです。

社会的な救済もあり、たとえパートナーがいない場合でも、お金があれば発散は可能です。

現代はネットでその相手を探すこともできなくはない状況でもあります。

そしてセックスは、科学的な見地から見ても、憂鬱の解消に効果的とも言われています。

しかしながら、春はうつ病になる人が増加するなど、精神的に参りやすい季節でもあります。

実際、うつ病の症状に、性欲低下が見られます。

今まではセックスがしたくて仕方がなかった人も、鬱になると、全くもってやる気にならなくなるのだそう。

その意味で、自然と湧き上がる性欲は、健康のバロメーターとも呼べます。

意欲の低下は鬱のサイン。大事に至る前に対処を。

意欲の低下は鬱のサイン。大事に至る前に対処を。

セックスとメンタルヘルス

セックスの後には、じわじわと「幸福感」が湧きあがってきます。女性も男性も、それは変わりません。

実は、これは実際に体内である変化が起きているからで、セックスの後にはオキシントンやエンドルフィンといった「幸せホルモン」が分泌されているそうです。

ストレス解消効果もあるセックス。パートナーがいるならば、「もう飽きた」というような理由で消極的になるのは、愚かなことかもしれません。

あなたが抱えているその精神的な悶々も、セックスは取り払ってくれる可能性があるのです。

また肉体的な機能維持のためにも、5日に1回は射精した方がいいとは言われています。

およそ5日程度で睾丸のタンクの精液はいっぱいになり、そのまま放置しておくと、精液を作る能力が弱っていくとか。目安として週に1回程度は、憂鬱の解消と男性能力の維持のためにも、セックスを習慣化したいものです。

*ちなみに、女性にとってはオーラルセックスもストレス改善になるのだとか。精液の中には気分を高める化学物質が含まれており、相手の男性への愛情も深まるそうです。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

心因性EDでもなんとかなります

この通り、セックスは心身の健康を維持するために重要なことですが、深い憂鬱に落ち込んでいるときには、インポテンツになってしまう事も。

鬱からくる勃起不全は、なかなか厄介で、うつ症状が改善されなければ、簡単には治りません。

一応精力剤などを使用すればそれも日に日に改善される可能性もありますが、最終的にセックスが可能となるまでには、心の回復と同時進行となり、かなりの時間がかかることもあります。

その場合は、まず焦らずに、精神的負担を感じないようにしましょう。そして、パートナーに勃起力低下の原因はうつから来ることをきちんと相談し、何も性器の挿入にとらわれないペッティングを楽しむのも気散じになるはずです。

肌を触れ合わせるだけでも、それは恋人や性的なパートナーと過ごす、貴重な時間になります。手を使い、舌を使い愛撫し合えば、あなたが射精しなくとも、パートナーの心は深い安らぎに満たされていくはずですので、パートナーを絶頂に導くということを主眼としてみてください。

そして自分の指や口のみならず、時にはラブグッズを使ってみるのも悪くないでしょう。

アダルトビデオを見たり、彼女にセクシーな下着をつけてもらうなどして雰囲気作りすれば、いつもより敏感な性行為が楽しめるはずです。

その結果、相手をオーガズムに達せさせることができれば、それは「男の自信回復」ともなるでしょう。「俺だって捨てたものじゃない」と思えることは、春の憂鬱の解消にはもちろん、仕事の生産性アップにも繋がってきます。

最後に

とは言われても、そんな気力にすらなれないと悶々としているようなら、大事に至る前に迷わず心療内科を受診しましょう。

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ