春を「別れの季節」としないために〜桜は散っても恋は終わらない

0
No1ranking

出会いのチャンスも多い春は、交際中の男女が危機を迎えやすいシーズンでもあります。

あなた自身、胸に問いかけてみてください。

もし職場の誰それからアプローチをかけられたら――それでも、マンネリ化した彼女との関係の維持を選ぶことができるでしょうか?

今は女性も「浮気する時代」だと言われています。春にはとりわけ、そのような誘惑も多いことでしょう。

それでなくても、些細なことに心が揺れる時期でもあります。春を別れの季節としないためには、次のような部分を引き締めて、恋人との絆を強化しましょう。

春は桜が咲いたり、散ったり。色恋沙汰が多い季節

春は桜が咲いたり、散ったり。色恋沙汰が多い季節

リスクを考えて「浮気」には手を染めない

女性にとっては、特定の相手がいる男性ほど、落ち着きがあって魅力的に思えると言います。

「既婚者がモテる」という事実も、家庭人独特の穏やかさが、女性の胸にキュンと来るからでしょう。

特に春には、あなたにパートナーがいるとわかっていても――いえ、ステディな相手がいるとわかっているからこそ強くアプローチしてくる女性も多いはずです。

心が揺れるのは当然でしょう。たまには別の女性とのセックスもしてみたい、という正直な気持ちもあるかもしれません。しかし、リスクを考えたときには、浮気に手を染めることは賢い選択ではないはず。

相手も半分は「遊び」です。遊びのセックスで本当の恋を失う必要はありません。単なる性的な処理は、お金を払ってでも別の場所ですべきです。

「緊張感」を取り戻して適切な距離感を保つ

マンネリカップルはリセットのために距離を取ることも大切

マンネリカップルはリセットのために距離を取ることも大切

「なんでも話せる関係」「本当の自分を見せ合える関係」というのは素晴らしいことだと言われてはいますが、実際はどうでしょうか。

本来は血の繋がらない他人である恋人を身内のように認識し合って「緊張感」がなくなると、概して恋愛はうまくいかなくなります。

当たり前のように相手を呼び捨てにして、デートのときにも特に服装に気を付けるということがなくなり、前戯も何もないただの性欲処理のようなセックスを繰り返す――それでは、女性もウンザリです。その機会があれば、浮気してしまっても仕方がありません。

締めるところはきちんと締めて、どれだけ付き合いが長くなっても、相手に「また会いたい」「話したい」と思わせるのが、長続きのコツというものでしょう。

春にはあえて「お泊りはしない」というルールを自分たちの間に敷くのも、1つの考え方かもしれません。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

性生活を見直してみる

最近、パートナーと最後にセックスしたのはいつでしょうか? 日本性科学会が定義するところによると「1ヵ月以上性的な接触がない」という場合には、その状態は、「セックスレス」ということになります。

もちろん1ヵ月には満たない場合でも、相手が「もっとしたいのに」と感じている場合には、それは実質的にはレスの状態と言っていいでしょう。

カップル・夫婦が別れる理由として、近年では「セックスレス」が占める割合も多くなってきているようです。

セックスレスになる理由は人それぞれですが、特定の相手と長い付き合いになると、したいという気持ちにはなっても勃起しないというEDに似た症状に襲われ、男としての役目を果たせないという人も多いのではないでしょうか?

身も蓋もない表現ですが、数日「オナ禁」をしてもやはり無理という場合には、少々その事態も深刻かもしれません。

そうしている間にも、女性のフラストレーションは蓄積しています。言葉や態度に出すことはなくても、「もっとセックスをしたい」と思っている女性は、かなりの数に上るのです。

コンドームのメーカー、相模工業の調査によると、「セックスが足りない」と感じている女性は、全年代の平均でなんと64.5%という結果が出ています。もしそんな状況で、別の男性からのアプローチがあれば――どうなるかは、想像に難くありません。

特定のパートナーに対しての軽度EDに悩まされている方は、まずは精力剤で活力回復を狙ってみてはいかがでしょうか?

問答無用で性欲が高まるので、「妻だけED」といった症状にも有効です。恋人関係を維持するために、定期的なセックスはマストでしょう。

◎勃起力で引き寄せる

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ