春、新社会人に送る「大人の心得」〜お酒と女性との付き合い方

0
No1ranking

社会人デビュー、おめでとうございます。これから、学生だったみなさんは、あらゆる意味で「大人の作法」を身につけていかなければなりません。

仕事の進め方はもちろんですが、一方で、上手な人間関係の築き方を学んでいくことも大きな仕事の1つです。

とりわけ、「お酒」と「女性」との付き合い方に関しては、出世や目標達成とも直結してくる部分なので、いつまでも学生時分と同様、ただ「自由に楽しむ」という態度ではいけません。

「酒も女も仕事のうち」と考えて、同期に差をつける振舞い方を会得しましょう。

飲み会や女性とのつきあい方の上達が今後の人生に大きく左右します

飲み会や女性とのつきあい方の上達が今後の人生に大きく左右します

お酒は「相手に合わせて飲む」

アルコールが入れば、人間、誰でも上機嫌になります。冗談の1つも言いたくなるでしょう。

しかし、仕事仲間とのお酒、とりわけ上司がいる席でのお酒の飲み方には注意しなければなりません。同世代ではジョークとして通じることが、致命的な「無礼」と取られることもあります。

お酒は、その場でもっとも目上の人間の飲み方に合わせて飲みましょう。

何も徹底して低姿勢で媚びたり、おもねったりする必要はありません。

むしろ、そんなことをすれば、上司には好かれても、同期や後輩からの目線が痛々しくなります。

わかりやすくいえば、「脇役に徹する」という感覚でしょうか。学生時分や、コンパでのお酒のように、自分がその場の中心になる必要はありません。

さり気ない盛り上げ役を引き受け、場の雰囲気をキープする「バランサー」になれば、どんな場面に立っても如才ない人材として一目置かれるようになり、重要な商談にも呼んでもらえるようになるはずです。

未だに「飲みニケーション」とも呼ばれ、社内の飲み会の重要度は高いと言えます。

最近の若い人は、お酒を飲まない傾向にありますが、会社の上司は、そんな社会背景などお構い無し。

まずは社会人として認められるための通過儀礼として、マナーと節度あるお酒の飲み方を習得すべきです。

「女」は進んでこなしておく

今も昔もバイタリティ溢れる男性が人気なのに変わりはない

今も昔もバイタリティ溢れる男性が人気なのに変わりはない

女性と触れあうチャンスがあれば、その機会は確実にモノにしておくべきでしょう。

学生時代と違って、社会に出ると異性との接点はだんだんと減り、性的な処理をしたいときにも誰も相手にしてくれない、という事態は十分にありえます。

とはいえ、新人安月給では風俗に…というわけにもいかないでしょう。そこは、頑張ってHありで付き合ってくれるフレンドを見つけるなど、合理的かつ経済的に考えましょう。

「据え膳喰わぬは男の恥」という古い警句もありますが、恥かどうかは別にして、「女」は進んでこなしておくべきでしょう。

昼は仕事を、夜はセックスをきっちりとする――そういった「仕事」に対する「報酬」がバランスよく維持できると、その事実は自己肯定にも繋がります。

「俺もなかなか捨てたものじゃない」と、自分を好きになることができるのです。長い社会人生活を生き抜いていく上で、自己肯定の感覚というのは意外に重要です。

昔でいう、「飲む打つ買う」ではありませんが、男としてガツガツしている方が、昇進も早いというのは、今も昔も変わらない印象です。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

お酒の後の「女」で失敗しないこと

好感触の女性と、今夜、「その予感」があるという場合には、ホテルに向かう前にお酒が入ることも多いでしょう。そんな好機に、皮肉にもよくあるのが、突発的なEDです。

頭では興奮しているのに、その気持ちがペニスには伝わらず、男として機能しない…これは最悪の事態です。

男の沽券にも関わり、その「屈辱」は後々まで尾を引くことになります。

お酒が入ると、アルコールの分解に体内では「葉酸」が大量に消費されます。実はこの成分にはペニスの勃起にも必要とされるので、お酒を飲んだ後にはEDになりやすいというわけです。

自分は若いから、と侮ってはいけませんよ。泥酔EDは十分にあり得ることですし、若年性EDも身近な問題です。

はじめての相手であれば、自分では意識していなくても、無意識下の「緊張」という要素もあるでしょう。いずれにせよ、勃たなければ、その先にあるのはひどい敗北感だけです。

万が一の事態に備えて、普段から精力剤を飲んでおくというのも1つの手かもしれません。

アルギニン、シトルリンといった男の元気に関わる精力剤は軽度EDの回復にも効果的ですし、常飲することで身体中に「スタミナ」が溢れ、何より仕事にも好影響を与えます。

――いかがでしたでしょうか。社会人に絶対に必要な「お酒」と「女」の嗜み方、理解できましたか?

環境の変化に負けそうになったときも、精力剤で自分に活力を注入しましょう。

◎直球勝負の増大成分が話題

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ