就職と恋を両立〜卒業時期に恋人を繋ぎとめるカギは「精力」にあり

0
No1ranking

これから就職を迎える学生の皆さんにとって、春は新生活の始まりを告げる「卒業シーズン」でもあります。

「早く仕事を覚えて立派な社会人になったら、ずっと付き合ってきた恋人と結婚も…」というように、将来を見据えた決意を改める男性も多いかもしれません。

しかし、この時期にはこれまでの関係性を一度すべて清算して、新しく物事を始めようと考える女性も多いものです。

季節と共に心変わりされないためには、「男らしさ」が大切

季節と共に心変わりされないためには、「男らしさ」が大切

社会に出れば、女性にもまた別な異性との出会いがあり、とりわけ確固とした経済力と、それに裏打ちされた余裕のある男性は、魅力的に映ります。

そのような男たちに恋人を奪われないように、卒業シーズンは油断できない時期なのです。

適度な「連絡」と気持ちの伝達

付き合いが長くなると、「特に連絡しなくても心は通じているから」という甘えが生まれてしまいます。それは一面の事実かもしれませんが、女性はそれでも形としての「連絡」を欲する生き物です。

社会に出て、まだ仕事も覚えられないうちは、「自分が何をしているのかわからない」という不安も生まれます。少々オーバーな表現をすれば、「アイデンティティが揺らぐ」という感じでしょうか。

何者にもなりきれない感覚は焦燥感と孤独を生みます――そして、焦燥感や不安感を補うため、わかりやすくてファストな肉体関係にも走りやすい状態にもなるでしょう。

そのような精神状態にあるときに、恋人からの「連絡」は、女性を「この人の彼氏」というロール(心理学用語での「役割」)に引き戻し、世界にしっかりと接続されているという認識をもたらすものです。

ただし、連絡が密になりすぎると重荷になります。気持ちの伝達も同様で、「好き」という言葉を漫然と繰り返しても、相手のプレッシャーになるだけ。

大事なのはバランスです。文字にすると重くなるような愛情は、会ったときにさり気なく伝えるのがベストでしょう。

桜と一緒に恋が散りませんように…

桜と一緒に恋が散りませんように…

プレゼントで既成事実を作り、心を繋ぎとめる

卒業シーズンには、その数か月前(できれば一年程度前から)プレゼント攻勢に出るというのも良いアイデアでしょう。

大切なのは「回数」です。1つひとつの品物は、ごくあっさりとした内容で問題在りません。

ちょこちょこと名目を作って何か渡してあげると、女性の心の中には、「大切にされている」という感覚と共に、その証が物理的にも残っていき、「私はこの人の恋人なんだ」という規制事実が動かし難く出来上がっていきます。

心情的にも、いろいろと嬉しいプレゼントをしてくれる彼は、卒業シーズンだからという気分的な理由で切り離しにくくなるものです。

ただし、あまり高価なものを与えると自分も相手も追いこむことになるので、あくまで金額的には些少のもので、さりげなく攻めていきましょう。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

仕事でもベッドでも「精力的な男」であり続ける

肉体的な満足感を常に与え続けることも、恋人の心を繋ぎとめるために大切なことに違いありません。

とりわけ20代前半から後半にかけて、女性の性欲はアップし、感じ方も変わってくると言います。

そんな時期に「一回果てたら終わり」「前戯も省略」――そんな体たらくでは、卒業シーズンを機会にあっさりとふられても仕方がないでしょう。

そうは言っても、毎度同じパートナーを抱くことには「飽き」もあれば、マンネリ感が原因となる心因性EDも付きまといます。

「このままじゃ愛想をつかされるかもしれない」という焦りは、ペニスをどんどん不調に追いこむでしょう。

どうしてもその気になれないという場合には、若い人でも「精力剤」を使ってみるというのも1つの手かもしれません。

「精力的」という言葉があり、「精力的に仕事をこなす」という表現もあります。精力的であるということは、セックスにおいてのみならず、仕事にも良い影響を与えます。

どんな職に就いても、「元気がある」ということ以上の資本はないのではないでしょうか?

そういう意味では、精力剤のもたらす活力は、卒業シーズンに備えてぜひ体内に蓄積しておきたいものです。

仕事と恋愛を両立するためにも、あなたも「精力的な男」たるよう、最優先すべきベッドでの対策も含めて、今から努力すべきではないでしょうか。

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ