ダメ絶対!精力剤の効果を上げるために守るべき行動まとめ

0

fat

性力増強サプリやペニス増大サプリといった性力サプリを使用するからには、最短で効率よくペニスを増大させたいですよね。

性力サプリナビでご紹介しているサプリは、効果抜群の商品が多数なのですが、それでも個人差や複合的要因もあってかなかなか効果を実感しにくい方もいらっしゃると思われます。

効果の実感に個人差があるのは仕方の無い事ではありますが、 ペニス増大にとって日常の生活習慣が密接に関係しているという事をまず意識しなければなりません。

ここでは性力サプリの効果を下げてしまわないように、日常生活で心がけておく事や、プラスαで性力サプリの効果を最大限に引き出す方法も含めてご紹介します。

不規則な生活を見直す

規則正しい生活をする事はかなり重要です。 暴飲暴食を繰り返しているような方で、性力サプリの効果を感じられないとしてもそれは仕方の無い事としか言いようがありません。

肝臓の調子が悪いのに、お酒で肝臓をいたわるの薬を飲んでも意味がないのと同じように、不健康なのに、性力サプリに効果を求めても、効果が出ないのは当たり前の事。

また過度の喫煙も血流の流れを悪くしてしまうのでNGです。

日々の生活で不足しがちな栄養素などを補う目的で使用されているサプリメントですが、健康であれは、不足分を補う以上に効果が出ます。 それと同様に性力サプリも、健康であればあるほど効果が出る物です。

仕事の関係で不規則になりがちの方は、休みの日に少しでもリズムをリセット出来るように心がけましょう。

適度な運度を心がける

勃起と血流の関係も切っても切れない物です。 運動をする事により、血流の流れを改善させる事が出来ます。
また太りぎみの人も要注意です。血液中の脂肪や血糖値が高いと血流の流れが滞り、せっかくの性力サプリの効果もペニスまでとどきにくくなってしまいます。 適度な運動をする事で性力サプリの効果を実感しやすくなり、さらに体質改善につながります。

ストレスは溜め込まない

EDは心因性からくる勃起不全が大半を占めます。

脳が性的刺激を感じにくくなってしまっては元も子もありません。 くれぐれもストレスからくる精神疾患などには気をつけましょう。 気分転換は大切です。

性力サプリの多量接種は厳禁

効果をいち早く実感したいと、安易に性力サプリを大量使用する方がいらっしゃるようですが、 それは絶対にやめましょう。

性力サプリの使用量は規定量があります。血流増大成分などの取り過ぎは、心臓などに負荷がかかり大変危険な行為です。 薬物の多量接種同様、サプリの場合でも大量使用の場合、内蔵や血管組織を破壊してしまう恐れもありますので、くれぐれもご注意下さい。

また性力サプリサプリの飲み合わせもおすすめできません。 飲み合わせた事により成分が複合的にリスクにつながりかけないため、くれぐれも規定使用量を守って利用しましょう。

オナ禁しない

意外だと思う方もいるようですが、性力回復のためにはオナ禁は逆効果です。

精子をストックしすぎない事が大切です。といいますのも、長期間射精をしないでいると、精子が作られにくくなってしまいます。

つまり定期的に射精する事をやめてしまうと、陰嚢(キンタマ)の活動も鈍ってしまうのです。 もちろん過度なオナニーなどは避けるべきですが、出さなすぎも問題。 ペニスがさびてしまわぬように、と心がける事が大切です。

定期的にセックスする

上記同様、定期的に射精し、新しい精子を作る事が大事です。

またセックスの際の運動量も見逃せません。ストレス発散や体のなまり解消につながります。

ペニス周辺を締め付けない

ペニスの圧迫は、ペニスへの血流を停滞させてしまいます。 「おさまり」が悪いのは確かに気になりますが、位置を調整するなど、出来るだけペニスに負担のかからないように気をつけましょう。

タマはクールに

陰嚢(キンタマ)を温めすぎるのも危険です。精子は36度程度、つまり体温ほどの温度だと活動が鈍ってしまうのです。 精子の活動を衰えさせる原因になるのが、過度のサウナや入浴があります。 体を温める事によって血流は増加するのですが、肝心の精子の活動が減ってしまってはいけません。

座り仕事の方などは、定期的に立つなどしてタマに熱がこもらないように冷やす事を心がけましょう。

最後に

あたりまえの事ではありますが、日常生活の改善や体の引き締めがペニス増大につながります。 これを意識するだけでもずいぶん違うのではないでしょうか。

性力は食事からのアプローチで向上させることも可能です

。そして性力を飛躍的にアップさせるには、性力サプリを飲む以外に日々の食生活を見直して行く事が大切です。

ここでは増大効果や性力増強に効果のある食事についてご紹介します。

根菜を食べて性力回復!

よく「粘り気のあるものがいい」と言われますが、これもひとつの真理です。

まずは、性力をつけてくれる野菜についてチェックしていきましょう。山芋、納豆、ニラ、生姜などがメインとなります。

fat

男根、という言葉もある通り、どうやら根菜には、性力に訊く成分が多く含まれているようです。

たとえばニンジン、ゴボウ…上に紹介した生姜なんかも、根菜の一種ですね。

ゴボウ、ニンニクなどには、精子のもととなる「アルギニン」が多く含まれています。ニンジンには、亜鉛…これも、力強い勃起のために、決して欠かせない成分です。

アルギニン、亜鉛。共に、性力サプリに必ずといっていいほど入っている、非常に重要な成分です。毎日の食卓にも並べやすい食材ばかりで、献立を作るのにも苦労しません。

もっとも、成分の量から考えると、性力サプリの方が効率的なのも間違いありませんが…。

あくまで補助的に摂取したい場合は、野菜からでも摂れるので、どうぞお試しを。

豚と牛の力で、あなたの下半身が変わる!?

肉類からも、当然精の元となる栄養を摂取できます。

なんとなくですが、「肉をたくさん食べている人は、夜も強そう」というイメージもありますよね。

その通り、特に豚肉と牛肉には、「力強い勃起」を約束してくれる成分が、非常に豊かに含まれているのです。

fat

豚肉には、ビミタンB1が含まれています。とりわけお酒を飲む方は多く摂取したい成分で、アルコールの分解にも非常に役立つと言われています。

酒量が増えるほどビタミンB1は必要となるので、お酒の席にはB1のサプリメントを持っていくと良いでしょう。ちなみに、鶏肉にもたくさん含まれています。お酒のつまみにも最高の食材ですよね。

牛肉にももちろんB1は含まれていますが、何より注目すべきなのは、亜鉛です。

ただし食べ過ぎると肥満の直接の原因となります。肥満・むくみは血流を悪くして、勃起を妨げてしまうので、これには注意したいところですね。

海の幸で性力をつける

精がつく食べ物は、海の中にもたくさんあります。野菜中心の生活はちょっと辛いな…という方には、ウナギやカキなどがおすすめ! 毎日食べて、性力回復を目指しましょう。

上にも紹介したウナギ、カキは、高タンパクでビタミンEやマグネシウム、カルシウムを含んでいます。さらに、勃起にマストな栄養、亜鉛もまた豊かに含まれているのが特徴です。

fat

しかし残念なことに、この2つは、決して日常的に食べやすい食材ではありません。

そこで登場するのが、「エビ」です。

あまり精がつく食べ物としての認知度はありませんが、意外に高タンパクで、しかも低脂肪。さらには、リポビタンDのCMでもおなじみの、「タウリン」を多く含んでいます。

疲労回復に非常に効果が高く、そして体が休まれば当然、性力も向上してくるわけです。

エビでも性力がつくとなると、俄然献立も組みやすくなりますよね。 むきえびなどもスーパーなどで手軽に購入できますし、冷凍食品でもエビが売れれています。調理するのは…という方は、エビせんべいなどにもタウリンが含まれるそうですので、食べてみると良いでしょう。

最後に

人間の体を作るものは食べ物でしかありません。日常生活の改善や体の引き締めが大事なのと同様に、健康に気遣った食生活を心がけましょう。

性力回復には、性力サプリを毎日飲み続けるのと別に、健康への配慮も大切だというのは別のページでも繰り返し述べている通りです。しかし、「健康維持」「生活習慣の改善」といっても、それが一体どの程度のものを指すのか、理解できていない方も多いのでは!?

食事・運動・睡眠を柱に進めて行こう

まず大事なのが、やはり栄養バランスのとれた食事です。毎日3食食べるのはもちろんですが、精を付けたいならば、やはり山芋やウナギなどの食材も積極的に取り入れるようにしましょう。勃起力を下げるアルコールの過剰な摂取は、もちろんダメダメですよ。

お腹がいっぱいになったら、次は運動です。毎日45分以上は歩きたいところ。代謝を上げれば、血のめぐりもよくなって、ペニスに血が集まりやすい状態が出来上がってきます。太陽を浴びれば気分転換にもなるので、日中の散歩がおすすめです。nice09
睡眠は7時間はとってください。23時には寝て、6時に起きる生活が理想的です。

血流の流れを妨げる「肥満」に要注意

性力の減衰はあらゆる男性が避けられない事態です。加齢と共に成長ホルモンの分泌が少なくなるのは必然なので、勃起が弱々しくなるのもまた、自然なことではあります。

しかし、加齢とは別の原因で「性力減退・勃起不全」が起こる可能性もあります。

その原因でもっとも大きなものが、「肥満」です。

肥満は血流を悪くする→ED気味に

体に余計な肉がつくと、血管が圧迫されて、血流は著しく低下します。ご存じの通り、ペニスが勃起するのは、海綿体と呼ばれる部位に血が集まって固くなるからです。

つまり肥満により血流の悪化は、そのまま、勃起不全に繋がってしまいます。

肥満の改善で、すっかりEDが治るかも?

現在、EDに悩まされている方は、一度自身の体型を見てみてください。肥満気味になってはいませんか? 毎日走って食事の量を減らすだけで、事態が変わるかもしれません。

ちなみに肥満解消にも、漢方の一種である性力サプリはおすすめです。体力を付けながら痩せていくためにも、性力サプリを飲みながらの運動・ダイエットに励んでいきましょう。

お酒が好きな方は要注意

セックスの前には、雰囲気的にお酒をたしなむシーンも多くなります。しかし、これはアラフォー・アラフィフの性力減衰に悩まされている男性にとっては、微妙です。というのもアルコールには、勃起を困難にする影響があります。若い方でも、もしかすると、「お酒を飲んだせいか、急にアレが勃たなくなった」という経験をお持ちの人がいるかもしれません。

お酒の分解に必要な「葉酸」は勃起にも不可欠

アルコールを体内で処理するためには、「葉酸」と呼ばれる物質が必要です。

しかし、これはあまり知られていませんが、勃起のためにも必要な成分。よって、あまりお酒の分解に使われ過ぎると、一時的なED状態に陥ってしまうことがあるのです。そうなってから、葉酸の含有が少ない性力サプリをやみくもに飲んでもあまり意味はありません。

幸い葉酸はサプリメントで簡単に摂取できるので、心配な方は性力サプリと一緒にその手のサプリも持っておくといいでしょう。その上ED治療薬があれば、万事心配無用です。

top-aaa01
Share.

管理人について

ペニス増大サプリ性力剤ナビ