何がベスト?勃起不全へのアプローチ方法

0
No1ranking

勃起不全の治療法にもいろいろなアプローチがあります。

EDと聞くと、やはり思い浮かべるのが、バイアグラやシアリス、レビトラなどのED治療薬。

勃起効果はお墨付き

これらはED治療薬のイメージにありがちな、どんな時でも勃起してしまうといった心配はありません。
性的興奮を感じた際に、ペニスへの血流を増加させ、半ば強制的に勃起状態にするようなイメージです。srzai_images014

ペニスへの血流に作用する薬なので、勃起に関しては、高い確率で成功します。
ただし色覚障害などの副作用や、SEX時の感覚が鈍るなどの副作用があるのもED治療薬。また「精力」自体が回復するわけではないので、肝心の性欲が湧いてくるなどの効果は見込めません。

効果が高い分、リスクもあり。これは「薬」としての代償と言えます。

より自然な勃起を求めるなら精力剤

体への影響を考えると、やはり精力剤がベスト。
精力剤は、「漢方」としての側面もあり、自然の生薬をベースに、「精力」の回復に作用していきます。

そのため、精子量が増えたり、健康になったりと、体の根幹から効果を発揮します。
血流の流れがよくなれば、ペニスに送られる血液量も増えて、良質の勃起につながります。

精子量の増加と、ペニスへの血流増大が合わされば、自然に「性欲」もみなぎり、夜の生活が盛んに鳴る事間違い無しです。

サプリを使った精力回復はどう?

もっとも最近では、「サプリでも精力はつく」という風潮があるようです。
確かに身近な場所で、多くのサプリが販売されており、活用しない手はないでしょう。

値段も手軽なサプリ。その真実は、いかがなものなのでしょうか。

サプリはあくまで補助的なものと捉えよう

サプリにも、精力剤に含まれる「マカ」や「シトルリン」などが売られています。

確かに、それらの成分は精力回復に効果のあるものです。
ただし、精力剤と違う点は、サプリでは単品でしか成分を接種できない事です。

人気精力剤の場合、サプリに含まれるような成分を濃縮したり、相乗効果が望める成分を「漢方」に基づいて配合したり、と最大の効果が出るように配合しています。

サプリの場合、そういった配合比率などを考慮するものは少ないため、効果を出すにはたくさんのサプリを飲み合わせしなければならない可能性もあります。

また、効果が薄い分、運動や食事や睡眠といった健康の約束をきっちりと守らなければならないなどの制約も出てきます。

つまりサプリは補助的なものとして飲んでいくのはいいですが、ある程度「目に見える効果が欲しい」という場合は、やはり精力剤や、最終手段としてED治療薬が必要といえるでしょう。

精力剤に多く含まれるマカ。そしてマカに含まれるアルギニンには、健康維持やアンチエイジング効果もあります。srzai_images018

「最近体力が低下してきた」「肌がたるんできた」などなど、そういった老化を自覚している方にも、アルギニンはおすすめです。30代以降からの健康維持に、大変効果があるんですよ。

精力剤を飲み始めたら、「下半身も見た目も若々しくなった」なんて話もざらではありません。
精力と老化の両方を一挙に回復できるなんて、最高にお得だと思いませんか?

成長ホルモンを促すアルギニン

30代に入ると、どんな方でも成長ホルモンの量が減ります。
これが老化の一因です。息切れや肌のたるみなども、すべては成長ホルモンの分泌低下から始まるといっていいでしょう。

アルギニンには、この成長ホルモンの分泌を促す力があります。
じつは「マカは老化に効く!」と言われているのは、こういう背景があってのことです。
目に見えて体調が良くなった、という男性も少なくありません。もちろん、アルギニンは男性不妊の改善にもつながります。

「特に勃ちが悪いわけじゃないんだけどな」という人でも、今後の「健康維持」のためにマカの摂取、つまり各種栄養剤や精力剤の飲用を習慣としてみてはいかがでしょうか?

漢方薬として精力剤を捉えてみよう

マカやトンカッタアリなどの植物に含まれる成分(アルギニンなど)が、精力アップに効果抜群である事は、当サイトでもたくさんお伝えしておりますが、精力剤を「漢方薬」と同等のものとして考えてみてはいかがでしょうか。

いわゆる漢方は東洋医学の一種です。
即効性についてはあまり期待できませんが、飲み続けることで勃起不全のもととなる原因を改善し、抜本的な治療につなげる…といったものです。

ED治療薬は西洋医学的、精力剤は東洋医学的なものと考えられるでしょう。

たとえば熱を出しているとき、解熱剤を飲めば、熱が下がりますよね。その場では確かに助かりますが、これを続けていても、決して体質的に「風邪」を克服することはできません。

ED治療薬についても、それは同じです。効き目は、あくまで一時的なものに終わります。もちろん勃起不全が回復し、セックスが出来るようになる事で、精神的に解放されるという面では大変評価できるので、ED治療薬自体が悪いと言う事ではありません。

西洋医学でも漢方の評価は高い

そして現在では、西洋医学でも漢方の有効性が認められ、風邪を引いたり、けがをした際に漢方薬が処方される事も多くなりました。

つまり体質改善をし、病気やけがの根本原因にアプローチするという事が大切と言う事なのです。

その観点から見ると、精力剤はまさに漢方としての捉えるのに最適と言えます。
健やかで自然な勃起を得たいならば、精力剤を使い続けて、体質を変えるのが一番です。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

Share.

管理人について

人気精力剤ナビ