バイアグラ?シアリス?レビトラ?今更聞けないED治療薬の話

0
No1ranking

今や勃起力低下に悩む男性のほとんどが知っているといっても過言ではない、バイアグラ・レビトラ・シアリス。

これらを含むED治療薬ついてを簡単にまとめてみました。

それぞれED治療薬の効果は?

一般的に、あらゆる薬の効き目には個人差があるので、あくまで下記は「参考」としてご覧下さい。

結局どれが一番即効性があるの?と気になる方が多いと思われますので、まずはそちらからご説明致します。

もっとも即効性が高いのは、レビトラと言われています。なんと10分前後から問答無用で勃起してくるというのだから、頼りになる薬です。

バイアグラは30分〜1時間後に効き目が出てきます。 非常に有名な薬ではありますが、効き方は意外にソフトなものです。

drug

持続時間についてもっとも定評があるのは、シアリスです(もちろん、使用後に「性的刺激」があることが前提です)。

なんと30時間〜36時間以上勃起状態が続きます。

なお、これについてですが、あくまでも性的興奮に対してペニスが反応するということで、意図しない勃起がずっと続くわけではありません。

シアリスはパートナーと濃密で長いベッドタイムを過ごす際には便利なお薬ですが、そこまで勃起を持続しなくてもいいならば、レビトラがおすすめ。5時間程度、健全な状態を保ってくれるそうです。

ED治療薬とその歴史

バイアグラ、レビトラ、シアリス。現在でもほとんどマーケットの大部分を占めている薬ですが、実はED治療薬は偶然の産物から生まれたものだというのはご存知でしょうか。

実はもともとバイアグラは、狭心症の治療薬として生まれたものです。

しかし、治験ではほとんど狭心症への作用が見られず、代わりに、勃起を促す力があることが認められました。

そこで作りを改良し、あらためて発表されたものが、今のバイアグラなのです。

それから、ドイツとイギリスの薬品会社の共同制作で、レビトラが新たにED克服の薬として名前を挙げました。 ちなみにドイツのバイエル社は、世界的な痛み止め「アスピリン」を作っている会社で、レビトラの安全性も非常に信頼が置けるものとなっています。

続いて出てきたのがシアリス。 これは、食事の影響と関係なく効き目を発揮することから、人気を博しています。効果の続く時間も、30時間〜36時間と非常に長い薬です

もちろん個人との相性によっては注意も必要なので、医師の診断のもと処方してもらうのが基本です。

ED治療薬の副作用は?

これが最も気になるところでしょう。

ED治療薬の一般的な副作用「火照り」。

バイアグラやレビトラといった薬は、血管を拡張して血のめぐりを良くすることで、勃起を促します。

そのため、使用後には体が火照ったり、目が充血したり、または光が青く見えたり、といった副作用が出てきます。程度に個人差はありますが、これはほとんどの方が感じる症状のようです。

さらに厄介なのが「頭痛」。頭がガンガンする、という方も少なからずいます。 もちろん市販の頭痛薬程度ならば飲み合わせの問題もないので、そこまで心配することはありませんが、効果が出ているときに車の運転などをすると危険かもしれません。

シアリスについては、比較的副作用が少ないとされていますが、やはり上記同様に頭痛やむかつきを覚える方もいるようです。

耐性がつけば副作用も薄くなりますが、慣れるまでは決してベッドでも無理をしないようにしましょう。

ED治療薬と精力剤比較を簡単にまとめると

ED治療薬は、精力剤に比べると勃起を促す即効性という面では大変優れた効果効果のある薬です。 しかしながら、即効性がある分やはり誰もが、それなりの副作用を考える必要が有ります。

医師の処方を受けて、正しく使用するのはもちろんですが、用量を守ってもある程度の副作用は出てくるものなので、その点をしっかり理解し、副作用をよく知った上で使用や、副作用対策しておくといいでしょう。

人間の三大欲求の1つで、もっとも満たされにくいのが、「性欲」です。

ただでさえ女性とのベッドにありつける回数も限られているのに、その時に勃起できなければ、人生の楽しみが大きく失われてしまったといっても過言ではありません。
精力剤とED治療薬で、なんとかして治療を進めたいところです。

しかし、この2つ、一体どれだけのランニングコストがかかってくるのでしょうか。

精力剤とED治療薬のコスパについて

精力剤は一か月どれくらいかかる?

成長ホルモンは加齢と共に低下し、勃起しにくい状態になります。そこでアルギニンという物質を外部から摂取する必要があるのですが、それを実現できる精力剤の価格は、ピンキリ。

安い漢方であれば、一か月1万円以内からでも十分継続していけるでしょう。

ED治療薬のランニングコスト

バイアグラ、レビトラ等は、高価な薬です。一般的に医療保険がきかないので、高い病院であれば、1粒1000円程度取られることも…。セックスのたびに必要となるので、かなりの痛手となります。

個人輸入で安く上げることも可能ですが、その品質は安心安全とは言えず、偽物を掴まされる可能性もあり、微妙なところ。

よって、コスパから考えると、精力剤に分があると言えます。

drug

3大ED治療薬の価格について

バイアグラやレビトラや、シアリスといったED治療薬は、基本的に医師に処方してもらう必要があります。

自由診療となるので、概してその値段は高くなってしまいがちです。最近では安価なジェネリックも出ていますが、正規品ならばいくらするのでしょうか。

錠剤の大きさによって、価格は異なります。

またクリニックによっても多少は変わってくるので注意しましょう。

◎参考価格(あるクリニックでの実際の値段です)

・バイアグラ25mg 1,300円
・バイアグラ50mg 1,500円
(1錠の価格/税込)
・レビトラ10mg 1,500円
・レビトラ20mg 2,000円
(1錠の価格/税込)・シアリス10mg 1,700円
・シアリス20mg 2,000円
(1錠の価格/税込)

いかがでしょうか。決して安いものではないですよね…。

海外からの輸入で安く仕入れることは可能ですが、手間の面では、通販で精力剤を購入する方がより手軽で安価にすみますね。

やはりここは、より安価な精力剤で、「体質からのED改善」を目指すのが得策と言えるかもしれません。

それでもどうしてもED治療薬が必要という方は

日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬をもらうためには、医師の診断が必要になります。副作用もある薬なので、やはりプロに診てもらうのが一番です。

しかし、それが面倒な方には「個人輸入」という奥の手もあります。もっとも、その安全性については「自己責任」となる部分も多いので、注意して信頼できる店から買いましょう。

個人輸入の良い点と悪い点

まず、海外から個人輸入する際には、当然医師の診断は必要ありません。ネットでお店を見つけて、簡単に買うことができます。輸入の代行業者もたくさん存在しています。

しかし、2008年の情報によると、実は海外から輸入できるED治療薬の約6割が偽物だというデータもあります。

厚生労働省も、あまり積極的な推奨はしていません。そしてそういった薬品を摂取した結果、副作用が出たとしても、ほとんどの場合は「自己責任」。

安くて手間もかからないので、誰もがつい「個人輸入」に手を出してしまいがちです。しかし、それなりの「リスク」もつきまとうことは、やはり心に留めておくべきでしょう。

バイアグラは決して万能な薬ではありません。人によっては、あまり効き目が感じられないこともあるようです。

またED治療薬すら効かないこともあるパターンが存在します。

心因性EDは厄介

心因性のEDはとても曲者です。

久々のセックスに対して緊張感を持っている場合など、使用しても勃起のコントロールができないことがあります。この場合、根本的な治療が必要な場合が多いため、お近くの泌尿器科や状況に応じては心療内科を診断する事をおすすめします。

drug

心因性のEDにもバイアグラなどの治療薬は効果的ともされますが、いずれにせよセックスの際に心の負荷が高い状態では、満足に勃起できない事もあるそうです。

お酒の飲みすぎなどもNG

バイアグラが効きにくくなる条件の1つとして、お酒の飲みすぎがあります。
お酒には勃起に必要な成分を奪ってしまうという困った特徴があるので、ベッドに入る前の飲用はなるべく控えた方が良いでしょう。

ちなみにアルコールとバイアグラとの「飲み合わせ」に、特に問題はないようです。また健康被害の報告も特になく、その点はそこまで不安視しなくてもOKです。

ただし、バイアグラの効果の主成分であるシルデナフィルは心臓の弱い方は厳禁との事ですので、アルコールの勢いでつい過度の運動をしてしまうと危険かもしれません。

勃起不全の男性にとって治療薬はある時期から切っても切れないものになる可能性もありますので、健やかな勃起を手に入れるために、正しい使用方法と効果の範囲もよく知っておきましょう。

ED治療薬の一番の弱点は「性感」

最近ファイザー社の特許が切れたことで、ED治療薬のマーケットは大変な盛り上がりを見せています。

特に後発医療薬、つまりジェネリック市場が活気があり、インドや中国などから安価なED治療薬が大量に市場に出回り始めているようです。

たしかに、ED治療薬の効果はどれも確かなものでつかの間絶倫気分を味あわせてくれますが、ED治療薬には重大な欠点もあります。それは、「性感」にまつわるネックです。

そしてこれがED治療薬の最も気になるところと言う方が多いのも事実です。

薬でも精液の量は変わらない

ED治療薬は、ただ「勃起を促す」だけの役割しかありません。

しかも、すぐに実感出来るほどの効き方で血流を促し、海綿体に血を集めやすくする薬です。人によっては「全身がドクドクする」といった激しい感覚に見舞われることもあるそうです。

そのため、肝心のセックスが「気持ちよくない」と感じる方も多いようです。ED治療薬では基本的に、精液の量は増えないので、それも致し方ないことと言えるでしょう。

性感が薄いだけならまだしも、「痛い」「体がきつい」となってくれば、これは直ちに使用をやめるべき。

視覚異常や胃のむかつきなどの副作用も心配されます。

単にED薬は危険で危ないから使わないほうがよい、などの暴論を唱えるつもりは全くございません。

ただし、個人的には精力剤を使った地道なアプローチで、体質の改善を目指した方がより健康的かつ性感などの満足度は高かったです。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

切っても切れないED治療薬と食事の深い関係性

どのような薬にも言えることですが、食事との関係は切っても切れません。せっかく薬を飲んだのに、食事のせいで効果が出ない…なんてことにならないように、バイアグラ、レビトラ、シアリスと食事のタイミングの関係について、よく覚えておきましょう。

ED治療薬は空腹時に飲むべき!

数ある薬の中でも、比較的食事の影響を受けやすいのがED治療薬です。とりわけ、使用した後に薬を飲むと、「あれ、まったく効果が出ないな…」と感じる方が多いようです。

よって、基本は空腹時に飲むようにしてください。そのあとに性的刺激があれば、きちんと勃起してくれます(飲んでから効果が切れるまで勃ちっぱなし、ではありませんよ)。

ちなみに、食事のせいで効果が薄まりやすいのは、特にバイアグラです。シアリスは非常に強力で、あまり食事とは関係なく効果を発揮してくれます。

状況に応じて使い分けもできるので、ベッドタイムに備えて、いろんな種類のED治療薬を持っていてもいいかもしれませんね。

top-aaa01

Share.

管理人について

人気精力剤ナビ