微妙な距離は満月の夜に縮めよう お月見デートでムラムラ誘発!?

0
No1ranking

美しい秋の夜、すすきのスイスイと繁茂する庭にみんなで集まって、縁側で月見酒――それも一昔前の日本の情景というものでしょうか。今ではあまり実際、そういうイベントを楽しむ人もいないかもしれませんね。

しかし、お月見の習慣がなくなっても忘れたくないのは、女性の性欲と月の関係です。

月がきれいに出る日には、突然生理になる人も多いと言います。満月の日に産気づく妊婦さんが病院に殺到するというのもよく言われる話ですね

狼男が変身するのも満月の夜です。

あまり知られていませんが、なぜか、美しい月夜には馬がバタバタと死ぬという現象も起きています。

閑話休題――女性の「したい」と思う気持ちと、月の関係に話を戻しましょう。

月経と言われるように、女性の生体と密接に関係している月

月経と言われるように、女性の生体と密接に関係している月

生理と重なりやすい満月の日

月の満ち欠けは、28日周期です。

――と聞いて、ピンと来ませんか? そう、これは生理周期と同じです。

満月の日が近付くと、生理を迎える人が増えるというのは、そういう意味もあるのかもしれません。

そしてご存じの通り、生理前には「ムラムラする」という女性が増えます。これはなぜかといえば、「エストロゲン」と言われるホルモンが増えるからで、医学的な説明もつきます。

「満月の日は女性の性欲が強くなる」という言葉だけ聞けば、俗説・噂というレベルの話に思えるかもしれませんが、ホルモン分泌のことまで考えれば「然り」というわけです。

ちなみに「エストロゲン」は、女性らしさを生みだすホルモンでもあります(髪艶、肌のきめ細かさなど)。

他ならぬ女性にしかできない仕事である「出産」の日に、夜空に満月がかかっているということが多いというのも、「たまたま」とは言えない雰囲気もしますね。

月の様子を見ながら、アプローチを目論む

月見団子なんかを一緒に頬張るのもよし。

月見団子なんかを一緒に頬張るのもよし。

気になる相手がいる男性としては、月の様子を見ながら女性にアプローチするのも、1つの戦略かもしれません。

もちろん、ある程度はオカルト的な考えではありますが、「今度月でも見ませんか?」というのも、このネット時代に、なかなかシャレた誘い文句なのでは?

かつて夏目漱石は、英語の「I Love You」を、「月がきれいですね」と訳しました。

ちょっとインテリジェンスにいくならば、告白の言葉は決まっていますね…。

あなたの「馬」は大丈夫?

月を味方につけよう

月を味方につけよう

最初にも少しお話しましたが、満月の夜には、馬がバタバタと死ぬという現象が世界各地で起きているとか、いないとか。不可解ではありますが、事実なのだそうです。

中国の古典でそのように語られているそうですが、ところで、お月見に備えて、あなたの「馬」は大丈夫でしょうか?

どうにも下世話な喩えになりましたが、実際満月の夜にうまく女性を誘いだすことができても、男として機能しなければ話になりません。

ただ団子を食べて、お酒を飲んで、それで終了では、虚しすぎます。

お月見セックス。そんな、思ってもみなかったチャンスに恵まれても、全然勃たないよ!という可能性も出てきます。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

男性の下半身というのは、大変繊細な生き物です。

緊張のために勃起しないこともあれば、飲みすぎたお酒のために性的興奮を伝達する神経が麻痺して、「あれ…?」ということがあったりします。

いつでも勃起可能な状態に自分を仕上げておくためには、常日頃からの準備が欠かせません。

血管を拡張させ、ペニスの中で血を吸って膨張する海綿体への血液流入量を増やすのは、もちろんの事、運動や脂っこい食生活を控える事で、血流改善を試みましょう。

女性の性欲も高まる秋の月夜――日頃から下半身ケア。

恋人未満の二人も、冷めきった夫婦も、その微妙な距離は、満月の日に縮めましょう。

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ