夫婦生活を復活させよう「紅葉狩り」をきっかけにSEX復活

0
No1ranking

冷え切った夫婦関係。会話のない家庭。愛も潤いもない生活。

掃いて捨てるほどあるような話ですが、他ならない自分のことなら、「どこもそうなんだから」と一般化して割り切ることもできません。

もう一度、お互いを慈しみ合う関係に戻るための、第一歩は? ずばり、セックスレスの解消から、ではないでしょうか。

多くの場合、夫婦らしいやり取りもない家庭では、セックスの習慣も消滅しているはずです。

逆に肉体的な交わりさえ回復すれば、夫婦に温もりが戻ってくる可能性もあります。

折しも秋は、イベントも多く、パートナーを「ちょっとどこかに出かけないか」と誘いやすいシーズンです。

紅葉狩りなどは、その最たる夫婦向けのプランではないでしょうか?

秋のイベントを活用して夫婦仲を改善しよう

秋のイベントを活用して夫婦仲を改善しよう

互いに中年なら誘いやすい紅葉狩り

夏のイベントは若いカップル向けのキャピキャピしたものが多い中、秋はアダルト向けの落ち着いたイベントが多くあります。

中でも中年パートナーにおすすめなのが紅葉狩。

日ごとに深まる静けさ、そして色づく木々。奥ゆかしい和の情緒あふれる風景の中を、何を話すということもなく二人で歩くだけで心は満たされていきます。

観光地の、ツーリスティックな雰囲気が合わないという老夫婦でも、気軽に出かけられるのが良いですね。

もちろん、セックスレス解消の建前としての紅葉狩りというわけですが、それ自体でも疲れた心を癒す素晴らしいイベントになりえます。

「わざとらしく紅葉狩りなんて」と言わず、「まあたまには」という感じで重い腰を上げれば、意外な満足感が得られるかもしれません。

まずはあなた自身がその気になることから、すべてが始まります。

色鮮やかな木々を眺めることで心が癒えることでしょう

色鮮やかな木々を眺めることで心が癒えることでしょう

嵐山、井之頭公園、鎌倉 紅葉スポットはそこかしこに

さて、その気にさえなれば、紅葉スポットはそこら中にあります。

関東なら鎌倉、そこまで出なくても井之頭公園もきれいですね。

西は京都の嵐山。最近は若干海外のゲストも多く、終電などはウンザリするほど混み合いますが…それでも一見の価値はあります。

そういった定番スポットに誘うのが面映ゆいという場合には、「ちょっと散歩でもしないか」とでも言って、近所の緑地公園をぶらぶらとするのもいいでしょう。

あまり、「それらしさ」にこだわる必要はありません。「イベント臭」のようなものをプンプンと出すと、パートナーも鼻白みます。

あくまで、気まぐれな雰囲気を装うのが大人向きのやり方です。あるいは、どこまでも本格的にいくなら、ちょっとした老舗旅館の予約も押さえて妻を誘うというのも、1つのスタイルではないでしょうか。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

久しぶりの妻との時間を失敗しないために

美しい紅葉の中を、落ち葉を蹴りけり歩いていけば、自然と親密な雰囲気も醸成されていきます。

少しお酒でも入って、スキンシップが始まれば、その先にご無沙汰な時間が待っている可能性も十分にあるでしょう。

まさか無策でいくつもりではありませんよね?

重度のセックスレスで、もう何年も妻の身体にも触れていないという場合には、自分の男性機能が低下している可能性も考慮しなければなりません。

マスターベーションとセックスはワケが違いますし、もしお酒が入れば、数年ぶりというセックスで隆々と勃起する人の方がむしろ少数ではないでしょうか。

とはいえ、バイアグラなどのED治療薬の使用にはためらいがあるでしょう。

これらはもともと狭心症に作られた薬で、今では勃起不全治療用に改良されているとはいえ、心臓に負荷をかける薬なので、とりわけ中高年の使用には不安がつきまといます。

身近にある「精力回復」のカギ

身体への負担を再優先に考えましょう。

となると、バイアグラなどではなく、もう少し穏やかな方法で対策すべきではないでしょうか。

薬局で販売されているような滋養強壮剤ではなく、シトルリンやアルギニンといった本格的な「血行促進」の作用がある成分が含まれた商品がおすすめです。

常飲しておけば、事その場に至って失敗するというリスクも最小限に止められます。

秋の紅葉狩りのスポットを探す、その前に、まず、ご自身の身体に合う精力剤を手に入れておくべきかもしれません。

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ