秋はアラサー女子が狙い目。秋は海辺の温泉旅行に誘い出そう

0
No1ranking

女性も30歳にもなると、女真っ盛りであるとともに、大人らしい振る舞いの方も増えてくるはずです。キャピキャピとはしゃいで夏の海に繰り出す年齢でもなくなっているのが普通でしょう。

とはいえ暑さも通り過ぎれば、ふと海にぶらりと立ち寄りたくもなる――アラサー女性というのは、焦りや寂しさを持ち合わせている場合が多く、実にセンチメンタルな生き物だったりします。

気になる相手がいるなら、風も涼しくなってきた頃に、「今度の週末、海でもどうですか?」と、いささか唐突にでも切り出してみれば、意外な好反応が返ってくるかもしれませんよ。

秋はアラサー女子が狙い目。秋は海辺の温泉旅行に誘い出そう

秋は海辺の温泉旅行に誘い出そう

アラサー女子を連れての秋の海沿い温泉旅行

海に出かけるといっても、外気温も下がている秋、まさか海水浴するわけもありませんよね。入るのは海ではなく温泉です。

女性も30歳になれば、日頃の疲れ、社会生活を送る中でまとわりついたしがらみ、そういったものを、温かいお湯で流し去りたいと感じるようになります。年増っぽい? ――いえいえ、それが女性の成熟というものでしょう。

つまり、海に誘うといっても、プランは「温泉旅行」であり、日帰りではありません。お昼から夕方は、海沿いをぶらぶらと散歩してみるのがよいでしょう。秋よりも高い空と、静かな海。「旅情」を堪能した後には、大人の男女なら当たり前の「こと」が待っています。

わざわざの「お泊り」ですから、そこは万全の用意が必要なのは言うまでもありません。

おいしい食事と熱い床

その日に勝負と決めているなら、宿も選択もケチケチしてはいけません。アラサー女性との温泉旅は、学生旅行でもありませんし、趣ある旅館をチョイスするのが男というものです。

どうせなら食事もご当地の新鮮食材をたっぷりと使った豪勢なメニューで。

お酒も適量に嗜んで、雰囲気もほぐれてきたら、いよいよ彼女をベッドに誘いましょう。臆することはありません。

2人きりの旅行。臆する事はありません!

2人きりの旅行。臆する事はありません!

しかし、ここで待ち構える関門が、酔いすぎと、緊張からくるEDです。

温泉旅行という特別なシチュエーションと、あるいは初めての相手という緊張感が、男性機能を停止させることもあります。あるいは、お酒の影響も――アルコールは、脳と下半身を結ぶ神経を麻痺させて健全な勃起を阻むことがあります。

屈辱的な思いでしょう。すべてをお膳立てして、ここまでやってきて不能というのは男として絶対に防ぎたい事態ですよね。そして、それは相手女性にとっても、少なからぬ不満を残すに違いありません。「私に魅力がないのかな…」と、そう感じる人もいるでしょう。

折しも女性の30代とは、もっとも性欲が高まる時期とも言われています。強い期待も持って訪れた温泉宿でパートナーが不能となれば、ガッカリ感も一通りのものではありません。

「前は悪かった」と後日謝っても、二度と、あなたの相手をしてはくれなくなってしまうでしょう。

絶対に許されない失敗を防ぐためには、男性機能の補強が必須となってきます!

万全の対策で床に向かおう!

万全の対策で床に向かおう!

男の強さを見せつければ、クリスマスまで続く関係に

これまで、一度でも大事な場面で勃起しなかったという経験のある人は、必ず精力剤で温泉宿でのセックスに備えましょう。同じ恥辱を繰り返すなど、男としてあってはならないことです。

「でも、精力剤ってよくわからないし、紛いものも多そうで不安」という方は、「成分」に注目して選べば間違いはありません。

俗に精力剤と称されるものの分類上は「サプリメント」であり、栄養補助食品です。つまり、必ず含有された成分が明らかにされています。

その中に、「アルギニン」、「シトルリン」といった表記があれば、ひとまずは「安心」と考えることができます。

これらの成分は体内で一酸化窒素を発生させ、血管を拡張してペニスへ流入する血液量をアップさせます。つまり、勃起のキレが上がる、というわけです。

ただし、これらの成分が入っているだけで、効果が保証されているというわけでは決してありません。

有効成分の含有「量」についても、余裕があればチェックして下さい。

とりわけ重要なアルギニンに関しては、一日2000mg~4000mgが理想の摂取量です。

一日の分量で、それだけの成分を摂取できれば、充分に勃起力の向上、軽度EDの回復に期待が持てます。逆にそれを大幅にオーバーするようでは健康被害のリスク(といっても下痢などの軽度な症状が主となるそうです)が発生する可能性もあるのでご注意を。

秋には精力剤をお供に、アラサー女性を誘っての海沿い温泉旅行で、心身ともに温まって下さい。

かつて「女は海」と唄った流行歌もあった通り、女性の気持ちというのは計り知れないものです。

その気まぐれな女心に振り回され、傷ついた経験をお持ちの男性も多いことでしょう。

はたまた「女心と秋の空」という言葉もあります。古来、女性とはそういう生き物であり続けてきました。であるならば、男性が女性の性質に合わせていく他ありません。「いきなり心変わりした彼女にフラれて…」などのパターンを繰り返してばかりでは…。黙ってついて来いは、今は昔。現代は男も女の心を理解し、真摯に向き合っていくべきです。

秋の心変わりを防ぐには、男としての努力が必要

秋の心変わりを防ぐには、男としての努力が必要

女性の心変わりを防ぐ方法~肉体的な満足感がカギ

女性の心は、常に移ろいゆくものです。

しかし、気まぐれな彼女たちの心を捉えて離さない方法もあります。それは、実に「肉体的な満足感」を与えることに他なりません。

女性のオーガズムは、男性のそれよりも10倍以上強烈なものであると言われます。

また、オーガズムとは女性にとって、すべてのパートナーと共に感じられるものではありません。すなわち、「イク」を与えてくれる男性は非常に貴重で、得難いのです。

そういう意味では、セックスで毎度パーフェクトなパフォーマンスを発揮すれば、あなたに対する恋人の精神的依存はより高いものとなります。

大事な息子のメンテナンス、怠っていませんか?

大事な息子のメンテナンス、怠っていませんか?

そのためには、テクニックの練磨は欠かせません。さらに重要なところは、ずばり男性器そのもののサイズや硬度なのです。

日頃からの刀と同様、息子のメンテナンスや増強は、パートナーとの関係を持続する中で必須ともいえます。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

「足りない」と感じている女性が多いことを知ろう

「でも、うちの彼女は、自分から『したい』なんて言うことはないけれど…」
「嫁とはずっとセックスレスだし、求めてなんていないはず」

なるほど、そのような声もあるでしょう。しかし、実際に日常的なセックスの回数について「足りない」と感じている女性が実に多いと示すデータもあります。

相模ゴム工業の調査(「ニッポンのセックス」 データ出典http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/)によると、既婚女性の中でも、もっともセックスに盛んであるはずの20代~30代女性のうち、「うちはセックスレスだと思う」と感じている人は、なんと35%~55%という数字なのだそう。

そして、「もっとしたい」と不満を抱いている女性は、全年代で35%――実に3割以上が、セックスに飢えているわけです。

パートナーがそれらしい「ほのめかし」と見せないからといって、満足しているのだろうとか飽きているのだろうと考えるのは、ただの思い込みです。誤解したまま肉体的なすれ違いが続けば、ある日突然、相手から「別れたい」と言われる日が来るかもしれません。

せがむ恋人に「回数」をこなすタフネスを

折しも人肌恋しい秋――普段から「足りない」と思っている女性は、回数もこなしたいと思うことでしょう。

その都度、オーガズムまで導くことはできなくても、勃起をキープする力は必要です。

しかし、反面、男性にとっては回数をこなせばこなすほど、そしてそのパートナーが同じ相手であれば一層、下半身は反応しづらくなります。

自前の精力だけではカバーできないというときには、アルギニンやシトルリン、亜鉛といった有効成分を多量に含むサプリメントの補給が必要となります。

俗に「精力剤」と言われるサプリメントは、多くの人がイメージしているほどいやらしいものではありません。

「精力」というのは体力であり、バイタリティでもあります。普段の生活を送り、仕事をこなす上でも必要なもので、またセックスという行為もパートナーがいる人にすればある種「義務」でもあり日常とも言えます。

精力は、絶対的に必要なエネルギーなのです。

それをサプリから補給するというのは、男として果たすべき、むしろ当然の責務かもしれません。

移ろう女心をあなたの元に留めるためにも――今こそあなたの息子のメンテナンスをすべきではないでしょうか。

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ