「食欲の秋」は食べ過ぎメタボ要注意!肥満とEDの関係性

0
No1ranking

栗、銀杏、マツタケ、さんま、新米、ナス

――おいしい食材が次々と旬を迎える秋は、日本の四季でも随一の腹ペコシーズンです。

それらすべての旬の食べ物が、まるで罠のように各種のお酒と合うという…まさに肥満の一大危機でもあります。

女性の美に大敵の脂肪。でも、男性だって、メタボ体型になって良いことなど一つもありません。

特にケアしたいのは肥満によるEDです。人肌恋しい秋。夏に続けてワンナイトラブもそこかしこで頻発する時期に、直前になって「勃たない!?」では寂しすぎます。

食欲の秋。特にケアしたいのは肥満によるED

食欲の秋。特にケアしたいのは肥満によるEDです。

食べ過ぎでEDに? その関係性とは

肥満とED――少し「遠い」組み合わせに思えるこれらの現象ですが、その図式は意外に簡単なものです。

身体に脂肪がつくと、血の巡りが悪くなり、毛細血管まで血が通わなくなる。そして勃起しにくくなる、というのが主な原因。

もう少し詳しく説明すれば、「勃起」というのは、ご存じの通り、ペニスの内部の海綿体という部位に血液が集まって膨張する、という現象です。すなわち、そもそも体内の血の巡りが悪ければ、そのキレも鈍ります。

年を取ると勃起時の角度が下がっていくというのは、単なる「老化」として片づけられていますが、その実態には「血流悪化」という原因が潜んでいたりします。

もしあなたが勃起力の低下に悩んでいるなら、ご自身のお腹を見てみてください。

ぽっこり、でっぷり腹ではありませんか? お腹の影に隠れてペニスが見えない、という人もいるでしょう。

メタボは血流悪化を招きEDの原因に

メタボは血流悪化を招きEDの原因に

実は肥満によるEDは、生活習慣病の1つとしても挙げられています。つまり、最近ED気味という人は、それは単なる精力低下というより、体内で生活習慣病が徐々に進行しているという、その示唆とも考えなければならないのです。

食欲の秋には、特に、血流悪化の影響を受けやすい性器の状態から目が離せません。

お酒もじんわり沁みる秋――それもED危機を招く

旬の食材の旨味に、お酒の杯もどんどん重なります。秋のサンマにビール、日本酒、焼酎――じんわりと身体に沁みて、止まりませんよね。しかし、そんなに飲みすぎて、ベッドでは本当に大丈夫でしょうか?

アルコールには、脳からペニスへとその興奮を伝える中枢神経の働きを鈍らせる、といった影響もあります。

飲んで勢いつけるつもりが、フニャッと全く反応しない…みなさんも一度くらい、経験されたことがあるのではないでしょうか?

女性と裸で抱き合う機会を得たのに、なぜか、勃起しない――頭では興奮しているのに、一切ペニスが反応しない。あの、悪夢のような事態は、実はお酒が関係しているのです。

これはメンズクリニックを訪れる患者にも、実際に医師から説明される話です。バイアグラやそのジェネリックもまた、お酒の飲み過ぎによって、その効果が大きく減少します。

適量であれば緊張も解し、セックスのムードも盛り上げるお酒ですが、適量を超すとたちまち、アンチ・セックスドラッグになってしまうのが、アルコールという成分なのです。

秋の「クリ拾い」を成功させるためにも、お酒とは上手に付き合わなければなりません。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

それでも食欲が止まらないあなたへ精力剤のすすめ

「いや、それでも俺はメシも酒も我慢したくないし、女だってやめたくない!」というわがままなあなたに。

今の世には少々珍しいようでもある上記の「男らしい」方には、まよわずサプリメントを使うことを提案します。

俗に「精力剤」と言われているような、アルギニンやシトルリンといった、血流促進効果のあるサプリです。

血の巡りが良くなければ勃起力が改善されるだけでなく、脂肪の代謝も良くなるのでダイエット効果も! メタボ体質からの脱却にも有効なのです。

また、多くの精力剤には、「葉酸」という超重要成分も含まれています。

新生児の健康な生育のために、妊娠中の女性にはその摂取が必須であると厚生省からも認定されている成分ですが、実は葉酸は、男性器を隆々と勃起させるためにも必要です。

また同時に、お酒の分解にも要される成分なので、少しお酒を飲みすぎてしまった日にも、その直後に精力剤でチャージすれば、あるいはお酒も早く分解され、ベッドでも堂々と「仁王立ち」する助けとなるかもしれません。

top-aaa01
Share.

管理人について

人気精力剤ナビ