アルギニンとシトルリン 精力剤王道成分の関係性

0
No1ranking

アルギニンシトルリン、人気精力剤に必ずと言っていいほど配合されている成分なのはみなさんもご存知かと思います。

なおこれらはアミノ酸の一種であり、「スーパーアミノ酸」と呼ばれることもあるとか。

アルギニンとシトルリン

体に様々な効果をもたらす成分として、精力剤やサプリメント、そして医療の現場でも注目される成分です。

主な効果としては、性機能の強化はもとより、脳の活性化や、肝臓疾患の改善など多くの健康に効果的な働きをすると言われているようです。

なおアルギニンとシトルリンは、体内で一酸化窒素を産み出し、そのNO(一酸化窒素)により、血管を拡張し血流を促進する作用が生まれます。

それにより、勃起を促したり血行改善が期待できるという事で、ヴィトックスゼファルリンなどの人気有名精力剤に配合されている率が高いと言えます。

意外に知られていない関係性

精力剤では、アルギニンとシトルリンがセットになっている事が多く見受けられますが、その両者に深い関係性があるということは、実はあまり知られていないようです。

その関係性というのは、アルギニンとシトルリンは、体内で吸収後に代謝される過程で、相互に変換されるのです。

そしてこの体内サイクルの過程で、シトルリンが、体内でアルギニンコハク酸という物質を経てからアルギニンへと変換するそうです。

その後は、アルギニンが今シトルリンへと変換される事を繰り返していき、アルギニンからシトルリンに変換される時にNO(一酸化窒素)が作られ、血管拡張や、血流を促進する作用につながります。

なお、この一連のサイクルは、一酸化窒素サイクルと言われています。

だったらどちらか一つを摂ればいい?

一酸化窒素サイクルで、どちらにも変換されるのであれば、片方の成分を摂れば十分なのでは?とおもう方もいらっしゃるでしょう。

しかしより短期間で効果を出したい場合、答えはNOとなります。

その理由ですが、実は相互は一酸化窒素サイクルによって変換はされるのですが、すべてがスムーズに変換されるわけではなく、さらに時間もかかるという事にあります。

特に肝臓にて変換される時に、多くが代謝されてしまい、体に取り込まれずに、排出されるようです。

そのためどちらかを摂取しても、一部のみが変換されるということになります。

両方の配合バランスが大事

精力剤を選ぶ際は、アルギニンとシトルリンを同時にバランスよく摂取できることや、他の強壮成分が沢山入っているのがベストと言えます。

色々な精力剤を使用しても、いまいち効果が見られない方は、アルギニンとシトルリンの配合バランスを徹底的に調整し、配合している上記のような商品を試してみてはいかがでしょうか。

精力みなぎる巨根を目指せ!大人気ペニス増大サプリをランキング化!

Share.

管理人について

人気精力剤ナビ